【広報コラム】記事になりやすいプレスリリースの書き方①

最終更新: 1月21日

今回より3回に分けて記事になりやすいプレスリリースのポイントをお伝えいたします。


記事になりやすいリリースの1つ目は「そのまま使える」こと

記者の方が記事に書き直さなくてもニュースとして使える書き方になっていることです。


なぜそのようなリリースが求められるかというと、スペースに制限がないネットメディアなどにおいては記事が無制限に掲載できるため良質な記事を多く掲載することが求められます。

そのためわざわざニュース記事として書き直す手間がかかるリリースよりも、できる限りそのままニュース記事として活用できるプレスリリース原稿の方が手間がかからず記事になりやすいという傾向があります。


そしてどのような書き方をすればそのまま記事として使ってもらえるかのポイントとしては以下のようなものがあります。

・客観的な事実のみが記載されている

 ⇒抽象的な形容など宣伝の色合いが強いものはそのまま使用することは難しいので

セールスポイントは数字を使うなどできる限り具体的に。

「客観的」の判断が難しいと思ったら同業者が取り上げられているニュースを見てどの程度であればニュース記事として許容されるのかの感覚をつかんでください。


・情報が不足なく全て記載されている

 ⇒リリース文だけでなく自社サイトに行って情報補完してもらわなければ理解できないなど読む人に疑問を持たせずプレスリリース内で発表内容がすべて理解できる

リリース文章はA4で1枚程度が目安なので文量の都合上詳細はサイトへ案内となっても問題ありませんが、興味を引くために文章を途中で切ってサイトへ誘導といったことは逆にメディアの興味を冷めさせてしまうのとそのままニュースとして使えないためおすすめしません。


・どこにニュース性があるかが明確

 ⇒イベントや新サービスであれば直近発売するということやどこがすごいのか、販売実績であればそれがいつ達成されたものでどのくらいすごいことなのかなど、リリースのメインテーマが何でそれが新鮮な情報であるということが明確


今はウェブメディアが非常に多く存在しており昔よりも記事化のハードルは下がりつつありますので、上記のような点を意識してプレスリリースを書いていただくと記事化の確率があがると考えております。


原稿を作成される際にはぜひご参考下さいませ。


50回の閲覧

最新記事

すべて表示

【広報コラム】プレスリリースの配信回数について

プレスリリース配信をご利用のお客様よりよく頂くご意見の一つとして「効果を見てみたいから1回使ってみたい」というものがございます。 プレスリリース配信の効果を測ってみるために試してみるというのは一見正しいようですが、どのような商品・サービスであっても何回試せば効果があると判断できるかは非常に難しい問題です。 ・プレスリリース配信で長期的にメディアとの関係を作る 広報活動は長期的な視点で企業のブランド

【広報コラム】年末年始の配信は狙い目なのか?

今年もあと3週間を切っておりますが、Releasepostは年末年始も休まず稼働いたしております。 今回は年末年始のプレスリリース配信はおすすめなのかについて書いていこうと思います。 さきに結論を申し上げると「配信する日」によります。 一般的なイメージの通り大晦日~3が日はどのメディアも様々なニュースでにぎわい、なかなかプレスリリースを読むひまなどありません。 実際そのときに新しく仕入れてきた情報

【広報コラム】メディアに取り上げられたけど期待通り売上が増えなかったら

今回はときどきお客様からご相談を頂く「せっかくメディアに取り上げてもらったけど売り上げにはつながっていない」という場合のお話です。 メディアに取り上げられること自体はそれなりにハードルが高いものですが、そこから直接的に売上増に繋げるには 「自社の潜在顧客が興味をもつメディアであること」 「そのメディアのPVが高いこと」 「掲載された記事が見られやすい場所にあること」 など様々な条件が必要になってま

お問い合わせ